FC2ブログ

記事一覧

第6回 津軽三味線全国大会inびわ湖



12月1.2日に滋賀県の大津市民会館にて、
津軽三味線・津軽民謡全国大会 日本の真ん中フェスティバルinびわ湖が開催されました。

今年も"三絃小田島流 西の陣"として、課題曲(六段)部門と独創曲(オリジナル曲)部門、団体戦2部門に出場致しました。

しかも独創曲部門で演奏するのは、師範、名取達が10年以上に渡り何度も優勝してきた小田島流の代名詞ともいえる曲「花吹雪」
いつもだと合計10名程度で演奏する曲ですが、今回は三味線を始めて数年程度のメンバー20人での演奏。

大阪はもちろん仙台、埼玉、四国、福岡...各県から集まったメンバー。
数ヶ月前から合同練習や個人での練習を重ねてきましたが、全員が集まれたのは大会当日のみ。
様々な気持ちを抱えながら一丸となって挑みました。




その結果......


課題曲(六段)部門 優勝!
独奏曲(オリジナル曲)部門 優勝!

団体戦部門W優勝をいただきました!


そして今回は個人戦も入賞ラッシュでした!

初級部門
佐野 愛夏(神戸支部) 3位
小泉 珠恵(旺樂会) 9位

高年部門
柴田 雅朗(大阪支部) 7位
大場 晋二(仙台支部) 13位
大野 恭子(大阪支部) 15位
山室 有史(四国支部) 17位

少年少女部門
桃原 卓也(神戸支部) 優勝!
小野寺 舞夢(仙台支部) 2位
篠原 好輝(旺樂会) 4位

一般女子部門
末廣 裕美(福岡支部) 6位

一般男子部門
宇佐美 良太(神戸支部) 14位


これだけ多く入賞をいただける小田島流、本当に凄い!

そして更に凄かったのは...


日本一部門
菊田 和志(小田島 旺樂) 優勝!

合同練習から当日までずっと皆を引っ張ってご指導いただいた旺樂師範が日本一!
唄付け抽選曲部門も2位。
最後まで格好良い姿を皆に見せて下さりました。
本当におめでとうございます!


☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

今回の団体戦に対して家元と師範お二人にコメントをいただきました。


滋賀大会お疲れ様でした!
団体戦2部門優勝おめでとうございました!
六段は津軽三味線の基本の曲で基本の手がビッシリ詰まった曲です。
簡単そうで実は競技としては優劣がハッキリ分かれる曲です。
後ろ撥、前撥の意味や調弦から絡めの回数。
そして1段~3段までじょんから新節のリズム4~6段は新旧節のリズム。
これを踏まえての団体戦だけに審査員はそれぞれの目線で厳しく見ています。
いわゆるどれだけ基本が出来るかという事です。
ただ合ってれば良いのではなく目線や姿勢まで全てが採点に入って来ます。
その中での優勝は意味があり、これからの皆さんの個人個人の演奏にも凄く良い事だと思います。
オリジナル曲優勝については今回はあえて難しい花吹雪で挑戦しまたが全体には無難に収まったものの、またまだ納得のいく演奏ではなかったと思います。
皆さん一人一人も同じ様に感じてると思います。
しかしながら団体戦として仲間を信じて皆んなで助け合い一つの曲を演奏出来た事は何よりの収穫だと思ってます。
いつか個人個人が全力で花吹雪を弾き切れた時、本当の小田島流の花吹雪になると思います。
その日を目指してより一層精進してください。
小田島 徳旺

三絃小田島流西の陣
私も参加させてもらい、感謝しております!
最高の仲間、チームワークでした!!
ここから二連覇、三連覇して行けるように、また精進して参りましょう!!
おめでとうございます㊗️
小田島 旺響

数少ない合同稽古の中で、それぞれが注意点を振り返りながら一生懸命稽古に励んだ成果が優勝という結果に繋がったと思います。
努力が結果に繋がる達成感を一緒に共有できて幸せです!
花吹雪で挑戦する機会を与えてくれた師匠に感謝します!
小田島 旺樂




当日までご指導下さった家元と師範のお二人には本当に感謝です!
今回の結果に慢心せず、更に高みを目指してお稽古に励みたいと思います。

勿体ぶってないでいい加減個人戦出ろ、とそろそろ言われそうなSがお送り致しました。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三絃小田島流 大阪支部

Author:三絃小田島流 大阪支部
津軽三味線 三絃小田島流は
秋田県に本部を置く秋田民謡小田島会
の三味線部門で
大阪支部は、仙台、埼玉、四国に次いで
平成25年に開設されました。

大阪支部のホームページはこちら